もねさん膀胱炎&ココちん避妊手術


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か? 1.もねさん、膀胱炎 1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。… (続きを読む)

ココちん、診察結果

かかりつけ病院に先日のMRI&CT結果を持参、週1の整形外科医が診察した。
以下、もね母報告。 触診で首の左側の付け根付近を押すと、ココちん、体を硬くしてなんとなく痛そうな様子に。
触診の様子とMRI、CTの結果から、頚椎の変形している部分が何らかのきっかけで末梢神経に触って炎症が起き、痛みが出たのではないかとの獣医師見解。… (続きを読む)

ココちん、頚椎の異常が原因か?

一見元気にも見えるが、一日に何度か悲鳴を上げるのがおさまらないため、もね母が連れて再度病院に検査へ。 以下、もね母報告。 —– 整形の医師に診てもらったところ、頚椎の異常(ヘルニアあるいは腫瘍)が痛みの原因かもしれないとのこと。… (続きを読む)

ココちん、疑惑のしこり(^^;)

きのう、ココちんのブラッシングをしていたら、背中左側の皮膚の下に直径6,7ミリぐらいのポコッとしたしこりがあるのを発見した。 以前、もねさんの乳腺腫瘍を触ったことがあるワシとしては、「これはもしやっ?!」と思ったわけですよ。 で、ネットで調べると、肥満細胞腫とか脂肪腫とかいろいろ出てきて、「検査しないと判断できないので、疑わしいと思ったら直ちに動物病院で調べてもらうべし」とか書いてある。 で、きょう、たまたま休みだったので、「え~ん、ココちんが肥満細胞腫だったら嫌だぁ」と動物病院へ車を走らせ先生に診てもらったら「う~ん、これは触った感じでは悪いものじゃなさそうですけど、針で細胞採って検査します?」と逆に聞かれた。… (続きを読む)

健診&rabies予防注射

もね母が連れて、いつもの動物病院へ健康診断&rabies予防注射に。 rabiesは哺乳類共通の感染症であり、犬に特有の病気ではない。
だから「狂犬病」という日本語名は誤解を招くので適切でないとワシは思う。
アメリカあたりじゃ予防注射も3年に1回らしいが、日本では医学的に過剰とも思える毎年1回。… (続きを読む)

異常なし♪

久しぶりに動物病院へ。 もね、触診異常なし。
2月に切除した乳腺腫瘍については、現時点で再発の兆候はなく、「早く発見できたので良かったのでしょう」(獣医師)。
足の偽関節も「言われなければ分からない状態」で、痛みなどが出なければ問題なし。… (続きを読む)

もねさん、偽関節になっちゃったかも

もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。  かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。  結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。  もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。  … (続きを読む)

治療終了

本日もねさん抜糸。
これにて治療終了♪ しかしまあ、結果的に見れば、最初に良性の腫瘍を経験して注意深くなっていたことが幸いした。
初めてできたしこりだったら、これだけすぐに見つけて手術で切除できて「良かった」と言えたかどうか、正直言って自信はない。… (続きを読む)