治療終了

本日もねさん抜糸。
これにて治療終了♪

しかしまあ、結果的に見れば、最初に良性の腫瘍を経験して注意深くなっていたことが幸いした。
初めてできたしこりだったら、これだけすぐに見つけて手術で切除できて「良かった」と言えたかどうか、正直言って自信はない。

そして今回ばかりは「獣医さん、さすがだなあ」と感心した。
最初にワシの自己流触診で「もしや」と思ったことが発見のきっかけではあるが、手術をした根拠は獣医の触診のみ。獣医は触診したら即座に「確かにありますね」とすぐに分かり、手術して取ることを提案した。取ってみたらほんとに腫瘍だった。
触っただけでそこまで分かるというのは、やっぱり経験の積み重ねなんでしょうねえ。

最初の良性腫瘍摘出の時も、同じ動物病院の別の先生の触診がきっかけ。
健康診断で触診したらたまたま見つかったのだった。
だてに「先生」を名乗っているんじゃないんですねえ。
いやほんとに、助かりましたよ。

そして神様、仏様、ナントカ様。
どうかどうか、もねちゃんをこれ以上、つらい目にあわせないで済みますように!
もう2回も腫瘍ができたんだから、これ以上できませんように。
ワシの切なるお願いです。もねちゃんが元気で長生きできますように、どうか、どうか、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください