the NPA ディスクドッグゲーム2002

NPAのフリ大にもね&もね母ペアで初参戦。
先週末のディスクドッグセミナーで開眼した!と勘違いしてエントリーしちゃったけど、翌日には元のへぼスローに戻ってしまったもね母。でも、もうあとの祭り。(汗)
NPAの大会は、基本的にはフリースタイル+キャッチ&スローの合計点で争われるが、今大会からキャッチ&スローのみの種目が仲間入り。で、もねチームはこれにエントリー。
他の種目に出るチームは出られないということなので、きっとビギナー向けだろうと勝手に思っていたが、それが大間違い!… (続きを読む)

こいつが犯人だ!


我が家には、整えたベッドを毎朝、荒らす奴がいる。
残された証拠は、布団の上にくっきりと残された「けものみち」のみ。
犯人は“も●”か“コ●”か、あるいは…?
隠されたその犯行現場をついに捉えた!(^o^);… (続きを読む)

野良ウサギの近頃

天気予報より早く朝から雨が上がったので、ドロドロになるのを覚悟で和田掘公園にお散歩に行った。
雨が上がるのを待っていたのはもね達だけじゃなかったようで、お友達のワンコにいっぱいあって、遊んでフリして、満足した帰り道。
久しぶりに野良ウサギを発見。ウサちゃんも久しぶりのお天気を楽しんでいる様子。
もね達が行くとビックリしちゃうので、もね母だけご挨拶。そっと寄っていっても前のように逃げない。以前より人に慣れたのかな。… (続きを読む)

雨~

先日のフリスビー講習会で、『目からうろこが落ちた!』と豪語しちゃったもね母。
で、『どう変ったのか、見てやろうかい!』と、もねのとーちゃんが意地悪なことを言い出して、たまたま今日の午前中、ふたりとも休みだったのでフリ練をやろうと予定していたんだけど….、朝からあいにくの雨。
ってな訳で、ふたりと2匹でふて寝していました。せっかくの平日休みだったのにな~。(泣)… (続きを読む)

もねのフード

これまでもねは野菜のみで作られているフードで減量してきたんだけど、先日の講習会で、フリスビーをしても怪我をしないような体を作るためには、逆に高カロリーの食事を少量与えるようにと指導を受けた。
最近、もねはフリしててもすぐに疲れてしまっていたんだけど、やっぱりエネルギーが足りなかったのかな?と反省。
満腹感や腹もちの問題もあるし、アクティブ系フードや生肉なども考慮中なんだけど、とりあえずダイエットフードが無くなったのを期に、ココが食べているカロリーが高めなフードに切り替えることにした。
そしたら、予想はしていたけど、やはり少々便秘気味になったもね。… (続きを読む)

実は...

家に帰って、散歩して、夕飯作って、お風呂入って、なんてしているうちに、すぐ眠くなってしまう最近のもね母。
以前は、朝は弱くても夜はいつまででもOKだったのに…マジで歳を感じてます。(汗)
当然、HPの更新もメールの返事も出来ずに寝ちゃうので、近頃は仕事先でHPの更新等をしちゃってる有り様。(内緒だけど…。)
さすがに写真のUPまでは無理なんだけど、こんなことやってて給料もらって良いんだろうか?!と、少し不安になる今日この頃。(^^;)… (続きを読む)

人間ドック

今日はもね母の人間ドックの日。
もねのとーちゃんの会社は、配偶者のドック費用も30歳から負担してくれる。この30歳というの、ちょっと珍しいと思う。
世間一般ではまだドックを受けるような年齢じゃないと思うんだけど、タダなんだし、最初は母も物珍しくて受けていた。
でも、最近は歳と共に健康の大切さをひしひしと感じているので、年1回必ず受けるようにしている。… (続きを読む)

指差確認

夕方のお散歩。図書館前を通過しようとした時に、ココが“大”をもよおした。
植え込みの陰でうにゅ~としてすっきりした後、『さあ、う○こを取ろう』と思ったら….トイレ袋がない!!(汗)
出掛ける時、確かに玄関にセットしたなのに、あのまま置いてきちゃったらしい….。
“なにか拾えるもの”と必死でバッグの中をかき回したんだけど、こんな時に限って、ティッシュも何もない。… (続きを読む)

初ディスクドッグセミナー

フリ大に参加し始めて早一年。
途中出産による中断はあったものの、一向にうまくならないもね母のスロー。どちらかというと悪化しているような?!(汗)
このままじゃ、いつまでたってもダメじゃ!と一念発起。フリスビーの講習会に参加してみることにした。
ということで、NPA主催のディスクドッグセミナーに初参加。… (続きを読む)

お花見

病床からやっと復活したもねのとーちゃん。(オーバーな!)
ならばと、今週末で終わってしまいそうなお花見に行った。
今年は本当に早い桜の開花。
今週の初め頃は人も少なくて、散歩中、もね達に『下ばっか見てないで、上見てごらん!』って、無理なことも言いたくなるくらい、きれいな桜だった。… (続きを読む)