もねさん、検査中止

乳腺腫瘍?の検査のため、もね母がもねを連れて動物病院に行ったところ、獣医から新たな提案があり、検査は中止して、手術して腫瘍を取ってしまう方向になった。

1.予定していた検査は竹串ぐらいの太さの針を刺して細胞を取るので結構痛い。もねちゃんに負担となる
2.腫瘍が小さい。検査で細胞を取ると、あまり残らない?程度の大きさ
―などのため、痛い検査した上でさらに手術するより、まず手術で腫瘍を取ってしまい、それを検査した方がいいのではないか?という説明だったらしい。とりあえず、来週末に手術のための検査をして、その翌週に手術するスケジュールを仮押さえしたとのこと。

治療方針を変えるならもっと早く言ってくれよ!と文句を言いたいところだが、獣医の説明も一理ある。

まだ数日考える余裕があるが、もねのために、悔いのない判断ができるように、しっかり勉強しなければならんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください